コツコツ学習は本当に効果的?毎日学習のメリットと続けるコツ

コツコツ

先生や親は、口をそろえて「毎日コツコツとべんきょうしなさい!」と言いますが、やる気のある時とない時によって効率の良さが全然違いますよね。

そもそも毎日勉強することは本当に効果的なの?やる気がある時にたっぷり勉強する方が効率的なんじゃないの?と、筆者は常々感じていました。

結論からいうと、毎日学習は覚えたことを記憶として定着させるのにはとても有効な勉強方法です。しかし継続が難しい理由もあり、向き不向きによる個人差が激しい勉強法ともいえます。

毎日学習のメリットや続けるコツとともに、コツコツ学習以外の勉強法も紹介します!

毎日コツコツ勉強することのメリットは?

毎日学習はモチベーション維持がとても難しく、できれば短期集中で効率的に勉強したいと考える方も少なくありません。しかし毎日学習には受験に役立つメリットがあります。順にみていきましょう。

長期記憶を有効活用できる

記憶は「短期記憶」と「長期記憶」の2つに大きく分類されます。読んで字のごとく、短期記憶は一時的な記憶であり、長期記憶は長期間経っても使える記憶となります。

受験や模試などの範囲が広い試験対策の場合、短期記憶ですべてをカバーするのは不可能です。そこでいかに勉強の記憶を長期記憶に定着できるのかがポイントとなります。

長期記憶への保存は1ヵ月以内に4回復習すると可能になるとの説もあります。毎日コツコツと予習・復習を繰り返すことで、受験に役立つ記憶を確立できるのです。

間隔型学習で記憶を強化!

毎日違う種類の勉強を行う学習法を、間隔型学習といいます。例えば国語、算数、理科、社会、英語の5科目を1日1科目ずつ学習するような勉強サイクルです。

間隔型学習では、一度覚えた知識を脳内で探し直す必要があります。そのため記憶として定着しやすく、忘れづらくなる効果が期待できます。

毎日学習を続けるためのコツ

長期記憶に学んだことを定着させるためにも、毎日学習が大切であるとわかりました。続いて毎日学習を続けるためのコツを紹介します。

勉強をスタートさせるきっかけをつくる

毎日学習をコツコツ続けるのが苦手な方の多くは、勉強のスタートがうまく出来ないことが理由として考えられます。逆にいえば、勉強を始めてしまえば続けるのはそこまで難しくありません。

そこで、とりあえず机に座ることをおすすめします。得意な問題や簡単な問題を解くことからスタートしてももちろんOKです。そもそも勉強だと思うとスタートできない方は、ファイリングや予定表づくりから手掛けてみましょう。

自分のやる気スイッチを探す

勉強を頑張れるタイミングや量は人それぞれです。なので他の人に合わせるよりも、自分のやる気が出る方法を選ぶべき。

筆者の場合は「朝早い時間が集中できる」「理数科目は音楽を聴きながらであれば何時間でも取り組める」「暗記は苦手だけど、声に出して読むよりもとにかく書く方が覚えやすい」などの特徴がありました。

他にも筆者にはあまり合わない方法でしたが「食事の前の5分間で単語を5つ覚える」「深夜の静かな時間帯が暗記にはベスト」「歴史はストーリーを想像して覚える」などの方法をおすすめしてくれる人もいました。

勉強と一言でいってもやり方はさまざまなので、自分専用のやる気スイッチを探してみましょう。

毎日学習を続けるのが難しい理由

毎日コツコツと勉強を続けるのが大事だとはわかっていても、何度トライしても挫折してしまうことはありませんか?なぜ毎日学習を続けることがこんなに難しいのか、具体的な理由を考えてみました。

目標が漠然としているから

まず第一に考えられるのが、目標が漠然としすぎているからです。特にテスト前などはしっかり勉強できるけど、テストが終わるとだらけてしまう方に多いです。

勉強や仕事について、人間が頑張れる理由は以下の2つに分類されます。

  • 自分にとって得があるから
  • 自分が損しないため
極端になことをいってしまえば、自分にとって得も損もなければ頑張る必要はないと判断してしまうのです。

よく勉強をする上で「〇〇大学に絶対合格する!」「毎日少しでいいから勉強する!」などの目標を掲げる人がいますが、これらの目標は少し漠然としすぎています。

その場合は「1日5個の英単語を覚える」「次のテストで〇点以上をとる」と、具体的な目標を掲げた方が達成しやすくなります。

結果が目に見えないから

作程紹介した「目標が漠然としている」に共通する部分ではありますが、結果が目に見える形で表れづらい点も、毎日学習を苦痛と感じてしまう理由の一つです。

例えば「1日5個の英単語を覚える」との目標を掲げて努力を重ねたとします。そして定期テストを迎えた場合、いくらたくさんの英単語を覚えても、テストに出題されなければ努力は実を結びませんよね。

毎日少しずつ頑張るのにはかなりの忍耐が必要です。もちろん英単語をコツコツ覚えることは、長い目で見れば入試やTOEICなどで必ず役に立つ日が来ます。しかし、すぐに目に見える結果として表れないと「毎日の苦労が無駄になってしまった」と、ショックが大きくなっても仕方ありません。

結局のところ、向き不向きがある

結論としては、毎日学習は向き不向きがあります。几帳面で「毎日ルーティン通りに行動しなければ気が済まない!」というキッチリしたタイプの方は、割と毎日学習が定着しやすい傾向にあります。

逆にやる気にムラがあるタイプは毎日同じ時間に勉強を繰り返す事が非効率と感じる人も。毎日学習には向き不向きがあるので、同じ結果を出せるのであれば、自分に合った勉強法を見つけて取り組むのもアリだと筆者は考えます。

試してみたい!毎日学習以外の勉強法

毎日学習は効果的な学習法ではありますが、継続が難しいという欠点も。性格的な向き不向きもあるので、自分に合った勉強法と合わせて取り入れたいところです。最後に、毎日学習以外の勉強法について紹介します。

頭もスッキリ!早朝学習

毎日学習もルーティンワーク化してしまえば取り組みやすくなりますよね。そこでおすすめなのが、早起きして朝の時間を勉強時間にあてる「早朝学習」です。テスト前は1時間から2時間程度、普段は30分程度の早起きと決めておけば、日々の生活に取り入れやすくなります。

早朝学習には意外なメリットもたくさんあります。詳しくはこちらの記事も参照してくださいね。

頭がすっきりする!早朝学習のメリット・デメリットと早起きのコツ

海外の常識!グループスタディ

海外の優秀大学生の間で常識の勉強法となっているのが「グループスタディ」です。グループスタディとは2人から4人程度の仲間とグループを作り、それぞれが学習範囲を分担して理解を深めたうえで、グループ内で他の人に説明をする勉強方法です。

人間は受け身で聞くだけの授業よりも、人に説明できるようになることで理解度が格段にアップします。詳しくはこちらの記事も参考にしてくださいね。

人に説明するのが大切?海外の優秀な大学生の勉強法「グループスタディ」

一夜漬けもやむを得ない?

何らかの理由でテスト直前まで勉強時間を取れなかった場合は、やむを得ず一夜漬けをする可能性もあります。たしかに一夜漬けは「睡眠不足によるミスが起こる」「せっかく覚えても記憶が定着しない」などのデメリットがありますが、これらをうまくフォローできれば短期記憶を最大限に活用した勉強法ともいえます。

一夜漬け学習についてはこちらの記事でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

一夜漬けはあり?なし?メリット・デメリットと押さえておきたいコツ

まとめ

毎日学習のメリットや続けるためのコツを紹介しました。結局のところ向き不向きが大きい勉強法ではありますが、上手く取り入れられれば長期記憶に効果的にはたらきかけることができるので、受験の強い味方となってくれます。

どうしても毎日学習が上手くできない場合は、自分に合った勉強法を探すのも一つの方法です。今回紹介した勉強法を参考に、自分に合ったものを見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です