子どもに食の大切さを伝えよう!幼少期に取り入れるべき食育の重要性

食育

両親が食育をいかにして行うかが、小さい子どもの健やかな成長には重要です。

今回はその重要性を再確認していきたいと思います。

食育に期待される効果

食事と学習効率には非常に深い関係があり、正しい食育を行えば毎日元気に過ごせるだけではなく、学習能力もアップさせることができます。

しかし、これがうまくいかないと健やかに成長することができないだけではなく学習能力が落ちてしまい、日常生活に支障をきたしたりしてしまいます。

また、感情のセーブが出来ずコミュニケーションが上手くいかないなどの影響もあります。

そのため、正しい食育を幼児の内から行うことはきわめて重要となります。

また、人間の習慣や嗜好は幼少期に決まるといわれていることも覚えておけると良いでしょう。

日本における「食育」


食育には、幼少期から「食育」が適切に行われることにより、大人になってもちゃんとした食の知識や習慣を持ち続けることができるという考えがあります。

子どもに対して、食事の大切さを教えることは大変大事なことです。

食育活動は、主に保育園や幼稚園で積極的に行われています。

特に保育園では、厚生労働省による「保育所における食育の指針」を基にして指導を行われている点が特徴的です。

指導により、楽しく食事を摂れる子に成長していくことを期待しつつ、お腹が空くリズムをきちんと把握できる子どもや、食べられるものが増える子供など、理想の子ども像の実現を目指して取り組んでいます。

現代だからこその「食育」

現代の日本の社会では、確かに食生活が多様化して豊かになりました。

しかし、食の多様化には弊害も伴うことも明らかになり、社会問題にもなっています。

栄養の偏り食糧自給率の低下のほか、廃棄食材の多さなどは日本の大問題です。

食べ物が豊富で選択することが可能な現代だからこそ、食に関する適切な判断力が必要とされており、いかに食育をしっかり行うかが重要となっています。

正しい食事を摂れるようにするには、情報交換も欠かせません。そうして正確な情報を知り、家庭で実践できるようにすることが子どもの成長に繋がります。

ポイント
食育は子どもの学習・成長において非常に重要!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です