資格試験の経験者に聴く勉強法!【薬膳編】

薬膳

薬膳と資格の紹介

薬膳とは、季節や体質に合わせた食材・調理法によって、体調不良やアレルギー体質などを効果的に改善し健康促進する食事法の事を言います。

最近は興味を持つ人も増えてきましたが、資格を取得する事で家庭料理に役立つだけではなく、レストランやカフェなど飲食業界で活躍する場も増えていきます。

薬膳の資格には、

などがあります。
各資格によって認定している団体が異なるのは面白いですね。

資格の詳細

薬膳マイスターは3級・2級・1級・特級師範とランクづけされ、日本スタイルの和漢膳の知識を認定する民間資格です。

薬膳アドバイザーは初級レベルの知識を身につけて簡単なレシピが作成できれば合格でき、薬膳インストラクターは各食材をもとに作る薬膳の効能に関する知識を取得した人に授与されます。

薬膳コーディネーターと言えば、2014年に元AKB48の川栄李奈さんが取得されて話題になりましたね。この資格を持っていると、飲食店のメニューに薬膳を取り入れられる認定となります。

勉強方法

勉強法ですが、通信講座なら4~6ヶ月で資格取得が可能と言われています。テキストやDVDを使った勉強法で、難しい専門用語も詳しい説明や図解によってわかりやすく学べるのが特徴です。

勉強が一通り終わった頃には、テキストの内容が頭に入っているか確認するために課題提出が義務づけられている講座が多く、資格試験の直前に行う事で改めて自分の苦手な部分をチェックする事ができます。

また通信講座であれば分からない箇所をメールや電話で確認できたりするので、無駄なく効率良く勉強出来るのが魅力の1つです。

疑問点はなるべく早めに解決しましょう!

深い理解のために

通信講座よりさらに深く学びたい場合は、セミナーや教室に通ってみても良いかもしれません。全国各地には様々な団体や教室があり、プロの話を聞くことで難解な理論が理解しやすくなるかもしれません。

更に教室となると、実際に薬膳料理を体験できるケースがあります。それぞれテーマを元に様々な料理に挑戦することができ、実務を経験することでより知識が頭に入りやすくなります。

初級の資格なら筆記のみで取得可能ですが、上級になると実技も行う必要が出てくるため、より上位の資格を取得されたい方はセミナーや教室を利用されるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です