資格試験の経験者に聴く勉強法!【宅建編 その2】

宅建

宅建の資格は不動産取引きを行ううえで欠かすことができません。
就職に有利となり、私生活にも役立つ人気の資格と言えます。

毎年20万人にもなる受験者が挑戦していることから、国家資格の中でも注目を集めている部類に入ると言えます。

平均的な勉強時間

宅建は比較的独学で受験する人も多い資格の一つです。

しかし独学でも取得することは可能とはいえ、気になることはどれくらいの勉強が必要なのかということです。

インターネットや雑誌などの情報を参考にすると、宅建の資格を取るためには100から500時間と幅があります。個人の能力の差もありますが、最低でも100時間は必要と言えるようです。

平均的には300時間程の勉強時間を想定するのが良いと思いますが。中には100時間程度でも合格を狙えるケースもあります。

これは効率よく勉強ができる人や前年度の試験を受けた人です。初心者であれば余裕を持って最低でも300時間は見ておきたいところです。

宅建を取得するための勉強期間

宅建の資格取得にかかる勉強時間が300程度だとした場合には、1日に平均して2時間程度の勉強をすれば150日で、1日に1時間の勉強をした場合には300日も必要となります。

一日に確保できる勉強時間が少なかったり、ゆっくりと勉強していきたいと考えているのであれば、試験の1年ほど前から始めることで合格を狙えるでしょう。

しかしできれば毎日2時間以上を確保して、試験の150日前から集中して勉強していきたいところです。

勉強に時間をかけすぎてしまうと最初の頃にやったことを忘れてしまいますし、モチベーションも続かない可能性があります。

そのため、1年かける計画では勉強効率が悪くなり、単純計算以上に時間がかかってしまい、400~500時間取られてしまう恐れがあります。

とはいえ結局遅くに勉強を初めて突貫工事で合格できたとしても、合格後に忘れてしまう知識は少なくないでしょう。

遅く始めても結局忘れるものは忘れてしまうので、将来的なことを考えれば、勉強は早く始めるに越したことはありません。少しづつ記憶は強化され、忘れない知識としてあなたの武器になるでしょう。

理想的な勉強時期

150日というと5ヶ月間にあたるので、宅建の試験が行われる十月の5ヶ月前にあたる5月頃から勉強をスタートさせるとよいでしょう。

社会人や学生の場合には何かと日々忙しさに追われることにもなりますが、5月であれば新しい環境にも慣れ始めている頃と言えます。

この頃であれば宅建の資格取得も確保することが可能と言えます。5月には勉強を始めておきたいところですが、6月から7月でも十分に効果は見込めます。

8月に入ってしまうと申し込みの締め切り日が過ぎているため、もしその段階で気づいたときはその場合には来年を見越してゆっくりと勉強を始めましょう。

インターネットであれば7月中旬でも申し込みを受け付けているので、7月スタートでも十分合格を狙えるでしょう。

下記のページでも宅建の試験に関する情報を公開していますので、ご参考になさってください。

資格試験の経験者に聴く勉強法!【宅建編 その1】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です