数学が嫌いな人が多いのはなぜ?数学をちょっと好きになる考え方

みなさんは数学は好きですか?

「数学が苦手..」「数学は嫌い!」という方も多いと思います。文系の方の多くは数学に苦手意識があるでしょう。

しかし、どうして数学は嫌う人が多い分野なのでしょうか?

その原因の1つとして学校での数学の教え方があると考えられます。
学校の教育には、数学を嫌いになる要素がたっぷり詰まっているのです。

この記事では、そんな学校数学の問題点を丸裸にします!!

問題点を知れば、数学の見え方が変わるかもしれません。
この記事を読めば、数学は楽しい」と気づくことができますよ。

どうして学校で数学を勉強するのか

どうして学校で数学を勉強するのかを考えたことはありますか?
人によってその答えは異なると思います。

自分はどうして数学の勉強をしているのだろう、と考えながら読んでみてください。

論理的な思考力を養うため

一番大きな理由として、論理的な思考力を養うためということが考えられます。
論理的な思考というのは「筋道を立てて物事を順序良く考えることです。数学の問題を解く上ではそのような思考が要求されます。

論理的な思考力が養われると次のようなことが期待されます。

  • 頭の回転が速くなる
  • 分かりやすく説明できるようになる
  • 物事の整理が得意になる
  • 新しい知識をすぐに理解できるようになる

数学の勉強は重要であると分かりますね!

日常に登場する数学を理解するため

日常で数学を使用するためというのも一つの理由です。
買い物の代金の概算や、目的地までの所要時間の計算など、私たちは日常の多くの場面で計算を行っています

日常の会話の中で数字を用いることには様々なメリットがあります。

  • イメージがはっきりする
  • 他人と共有しやすくなる
  • 記録しやすくなる

数学ができないと、日常生活にも影響が出てきてしまいますね。
もちろん、微分積分やベクトルなど、我々の日常には直接関わらないものも多くあります。

しかしそれらは、私たちの数学の能力を向上させるのに大きな意味を持っています。
より高度な知識を勉強することで、日常で要求されるレベルを容易にこなせるようになりますよ。

受験のため

すこしドライですが、受験対策というのも一つの理由ですね。
受験の結果によって人生が変わると言っても過言ではありません。数学の出来栄えが合否に関わるため、勉強しないわけにはいきません。

受験に必要だから、という理由で数学を勉強しているという人も多いはずです。

学校数学の問題点

ここまで数学を勉強することは様々な意味があることをご紹介しました。

しかし、学校における数学教育にはいくつかの問題点があります。それをいくつかご紹介しましょう。

公式の暗記

問題点の一つ目は、公式を丸暗記させる点です。
学校では、新しい公式を習う時に、それを生徒に丸暗記させがちです。

もちろん、暗記することは重要だと思います。

問題なのは、詳しい説明もなく、覚えること自体に重点を置いていることです。
公式をただ暗記するだけでは、公式を有効利用することは難しいでしょう。

何より、「なぜこの公式が正しいのか」「どうやってこの公式が証明されたのか」を考えることが、論理的思考を養います。
公式を暗記するだけでは、テストの点数が上がるだけで、実は他のメリットを生かしきれないのです。

問題も暗記

二つ目の問題点は、公式のみならず問題も覚えさせる点です。

問題の解説時に理由の説明もなく、ここはこの公式を使います、という説明をされたことがあると思います。
すると説明された側は、そういうものなんだ、と納得してしまいます。そうすると、問題の解き方のパターンを覚えてしまいますね。

それでは数学は論理的な思考力を要求しない科目になってしまうでしょうし、数学を学ぶ意味を失ってしまっています。

論理的に思考することがない

まとめると、学校の数学では論理的に思考することを蔑ろにしている可能性があると考えられます。

本来数学は、論理的な思考を基に公式や数式を使って問題をどのように解くかを考える科目です。
しかし学校では、暗記することを重視してしまいがちです。

覚える数学を続けるとどうなるのか

もはや数学の本質を失っている学校の数学。

暗記するだけの数学では様々な問題が起こります。

見たことのない問題が解けなくなる

もちろん暗記するだけでは、初見の問題に太刀打ちできません

少し考えれば分かるような問題でも、脳が問題を受け付けずにシャットアウトしてしまいます。
逆に、全ての問題を覚えることができれば良いという考え方はあるかもしれませんが、それは非現実的でしょう。

考える癖がつかなくなる

覚えることが癖になってしまうと、論理的に考える力を養えなくなるでしょう。

生きていく上で、答えがない問題は山のようにあります。考える癖がないと、自分なりの答えを見つけることは難しいでしょう。

いつまでも与えられるだけの人生ではつまらないと思います。

数学が面白くなくなる

そして何より、覚えるだけの数学は面白くないと言えるでしょう。覚えるだけならば、歴史や生物などの方が絶対楽しいでしょう。

本来数学は面白い科目であるはずです。パズルみたいで楽しい、と言っている人は周りにいませんか?
その人たちは、無意識の内に考えることが習慣化しています。

覚えるだけの数学のテストはとても苦行です。

どのように数学を勉強すればいいのか

学校で教わることができないなら、自分で勉強するしかないです。

ここからは、どのように数学を勉強すればいいのかについて触れ、そのポイントをご紹介します。

公式を疑ってみる

まずは公式をただ覚えることを止めましょう

公式を学んだ際、重要になってくるのは次の点です。

  • 公式の意味
  • どのように導き出されたのか
  • どこが便利なのか

これらのポイントをしっかりと理解するようにしましょう。

考えて問題を解いてみる

公式を理解したならば、次は問題を解いてみましょう。

初めての問題だったとしても、すぐに解法を見てはいけません
問題で問われていることをしっかりと読み取ることが重要です。

公式を理解していれば、自ずとどの公式を使えば良いかが分かってくるでしょう。

質問をたくさんする

数学を考えて解いていると、たくさんの疑問が出てきます。

そうなれば質問をするチャンスです。
問題の解き方を質問するのではなく、考え方を質問するようにしてください。

そのような質問のフィードバックを活かすことを繰り返していくと、論理的な考え方ができるようになるので、テストでの点数は伸びるでしょう。

最後に

注意

一言断っておくと、学校での数学教育が一概に悪いとお伝えしたいわけではありません。
学校としても、生徒たちの受験合格を考えた結果なのです。

入学試験がある以上、学校側は生徒がその試験当日までに問題が解けるように教育・フォローする必要があります。なんとも難しい問題ですね。

まとめ

数学は論理的に思考することに重きをおくべき科目です。しかしそのことは学校ではなかなか教わることができません。

もしあなたが、数学を得意になりたいのであれば、ちょっとだけ考える習慣をつけましょう

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です