塾講師が教える、勉強する時におさえるポイントとは?

塾講師

私自身、中学と大学で受験を乗り越えてきて、社会人になってからも資格試験の為に勉強を日夜続けております。これまで獲得してきた自身の勉強方法は大事な血肉となっていますが、中でも大学時代に塾講師をしていた経験が、勉強に活きていると感じます。

私は大学時代、個別指導塾の講師をしていました。講師1人に対して生徒が2人いるスタイルで、対象は小学生一年生から高校三年生までの年代が様々な生徒を教えていました。

本人ではない視点から勉強を見るのはとても為になりましたし、アルバイトとは言え受験を前にした生徒に指導するには大きな責任を感じました。

私が塾講師という経験の中で培った指導方法や勉強方法は、そのまま自身の勉強においても応用できるものでした。当記事では私が塾講師の経験で培い、私自身が実践して効果的だったものを3つご紹介していきます。

現状の把握

新しい生徒を前に最初にせねばならぬのは、現状の把握でした。テストを通してどれ程授業を理解しているかを測るのですが、これは単純に授業進度を見る目的ではありません。学生の理解には、大きな抜けがある可能性が高いためです。

極端な例ですが、二項定理が分からないと言う中学生を教えることがありました。大枠として理解出来ているのに、テストをすると点が伸びないという子でした。

分析してみると、中学の範囲は頑張って学習しているのですが、九九の理解が頼りなく暗算も非常に苦手という抜けがあることが分かりました。聞いてみると小学生の時は全く授業を聞いておらず、中学生になってから勉強を頑張ろうと思ったとの事でした。

これは大人の学習においても大事な事で、実は過去の学習内容の理解が曖昧で、資格の勉強が捗っていないということもあります。上手く頭に入ってこない部分があれば一度学習の手を止めて、どこが引っ掛かっているのかと考え直すのをお勧めします。

また、躓きが中学生の範囲であったり小学生の範囲であったりすると、再学習が面倒だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、大人になってからの再学習は、当時ほど時間が掛からない筈です。恥ずかしいことでもなく、「なぜ昔はこれが分からなかったんだ?」なんて、思える事でしょう。

スケジュールの作成

次にご紹介するのはスケジューリングについてです。自身の現状を把握したら、目標から逆算して学習計画を立てます。ここで重要なのは、大きなスケジュール小さなスケジュールを立てる事です。

ここでいう大きなスケジュールとは数週間あるいは数ヶ月のスパンで、問題集を1冊終わらせるとか、模擬テストで何点を取るとかなどの大まかな指標です。

一方小さなスケジュールとは、数日や一週間単位のスケジュールで、参考書を何ページまで読む、または問題集をここまで進めるといった具合です。これは私の経験上でしかありませんが、小さなスケジュールはあまり根を詰めたモノにしない方が良いです。

学生・社会人に限らず急な用事は入ってきますし、体調を崩すこともあります。そのせいで毎日毎日スケジュールが遅れてしまっては、それだけでモチベーションが下がってしまう筈なので、根を詰めずに少し余裕のあるスケジュールを作成することが大切です。

モチベーションの管理

モチベーションはとても大事です。私は過去に、ある勉強嫌いな中学三年生を担当していたことがありました。「高校に行かずに働く!」「勉強なんて意味が無い!」とずっと言っている子で、テストの結果も学習態度も控えめに言っても良くありませんでした。

しかし、彼は医療に携わりたいという夢を見つけ、看護学科のある大学への付属高校の受験を決めました。それ以降の成績の伸びは目を見張るものがあり、見事合格しました。

また、自分は落ちこぼれだからと勉強をしてこなかった生徒が、少し成績が上がったことをきっかけにモチベーションが上がり、学習態度が激変したこともありました。私自身の経験を振り返ってみても、このモチベーションというヤツは馬鹿になりません。

私は参考書を読んで理解し辛いと感じたら、一度参考書を閉じます。頭の中で読んだものを反芻し、理解できてきたと思えたらもう一度読み直します。そうすると、実際にすっと頭の中に入ってくるものです。

これには情報を整理しながら頭に入れること以外にも目的があります。それは脳が参考書を難しいと認識するのを防ぐ為です。

科学的な見地から、人間の脳は嫌な事を定着させ辛いといわれています。難しいと認識してしまった参考書を理解しにくいまま読み進めても、モチベーションは下がる一方で、学習効率は落ちてしまいます。

ところで、私は学生の頃にマクロ経済学が理解しにくかった時期がありました。その時は公式の学習などを無理に突き進めるのではなく、「何故自分はこれが理解し辛いのか?」という考え方に切り替えました。

そして、目の前の参考書ではなくマクロ経済学そのものの歴史について学習を始めました。

すると、参考書に登場する経済学者達がそれぞれ生きていた時代が違う上、私が覚えるのに苦労していた理論には穴があり、それを補う為に別の理論が作られた経緯が分かりました。

そもそも正しい訳ではないのだということが分かれば、それなりに折り合いを付けて元の参考書に戻る事ができました。

まとめ

ポイント
  • 現状を把握し、穴が見つかればそれを正しく埋めていく。
  • 無理のないスケジュールを立て、修正が必要ならその都度気にせず行う。
  • 特に社会人であれば自身のコンディションやモチベーションの高い時を見計らって、効率的に学習を進める。
  • 理解し辛い時は別のモチベーションも持ち、違う角度からアプローチしてみる。
これが私が効率よく勉強するために気に掛けている事です。
ぜひご参考になさっていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です