目標達成のためのスキマ時間勉強法

スキマ時間

スキマ時間とは?

スキマ時間というものがあります。これは物事の合間にある僅かな時間のことです。

日常生活では信号が青になるまでの間や病院などでの診察やお会計までの間、カップラーメンが食べ頃になるまでの間などが該当すると思います。会社にお勤めの方であれば通勤のタイミングが真っ先に浮かびますね。

皆さんはこのスキマ時間をどのようにしてお過ごしでしょうか?

ちなみに私は普段ですとSNSの投稿を見て過ごしています笑
ただ、受験を控えていたり、何らかの資格を取ると決めたりした時は、これらの時間を勉強に充てています。

社会人になると1日の大半を仕事に割かれるので、いざ勉強するぞと決めてもなかなかどうしてまとまった時間を確保するのは難しいです。

付き合いでゴルフに行ったり飲みに行ったり、たまの休みくらいゆっくりしていたいし、プライベートを充実させたいし…といった具合に、勉強時間の確保は後に回しされやすいし、そもそも時間がないという建前で後回しにしやすくもあります。

今回は、日々のご多忙の中、どうにかして勉強時間を確保されたい方に向けて、スキマ時間勉強法と題してその方法についてご紹介して参ります。

スキマ時間勉強法

前項の冒頭でスキマ時間についてのご説明を差し上げました通り、スキマ時間とは物事の合間にある僅かな時間のことです。

時間にして数十秒〜十数分ですので、それを例えば数学や物理の問題をいくつも解くために使うのは、人に依りますが基本的には不向きであろうと思います。お誂え向きなのは既存の知識を定着させることに使うことです。

例えばスキマ時間に参考書を読む場合、ページを捲って出てくる重要なキーワードを知っているか or 知らないかに切り分ける作業を行うだけでも十分です。知っている(あるいは知らない)ということを知れた、というのも学習になるからです。

その切り分け作業をしながら、知っているキーワードであればその意味や用法などを脳内でご自身に説明してみてください。

この時、よりよいのは口頭で説明したり紙に書き出したりするなどの明確なアウトプットができることですが、スキマ時間が毎度そのようにできる環境とも限りませんので、脳内でご説明できればOKとなさってください。

一方で、知っているキーワードだったけれど上手に言語化できなかったり、知らないキーワードに出会ったりされた場合は、その場で覚えようとなさってください。その場覚えようとすることがキモです。

とは言え残念なことに、なかなか一度に全部を覚えることは難しいです。じゃあどうすればよいのかというと何度も繰り返すことに尽きます。

より具体的に申しますと、すぐに覚えられないことや忘れてしまいそうなことは、スキマ時間を使って何度も何度もインプットやアウトプットを繰り返して記憶を定着させていきます。

最初の内は覚えたことを忘れてしまっても「あ、これ前にも出てきたワードだわ」や「前回これ覚えたんだけど何だっけなー、、」といった、気軽い感じで全然OKです。これを何回も繰り返していくと、いつの間にか覚えていることが増えてきて楽しくなります。

ただし、覚えようという姿勢や意気込みがないままひたすらテキストを眺めているだけですと、いつまで経っても生産性はありません。

あるいは「もう覚えたし繰り返さなくても大丈夫っしょ!」と天狗になっていたりすると、これまたいつの間にか忘れていることが増えてくるのでご注意なさってください。

コラム : 記憶について

僅かな時間だからこそ発揮できる瞬間的な記憶力というものが、元々人間には備わっています。

これをワーキングメモリーといい、極短期間な記憶のことを指します。その場で言われたことを復唱したり、一時的に一定量の情報を覚える時に使う記憶のことで、身近な例を挙げるなら伝言ゲームがよいかもしれません。

その場では覚えていられるけど、数分後には忘れているような状況は多くの方がご経験されているかと思います。

記憶はおおまかにワーキングメモリー → 短期記憶 → 長期記憶 というフローで脳内に定着されていきます。知識が長期記憶として定着するとなかなか忘れにくくなりますし、短期記憶に留まると数時間〜数日で知識は忘却の彼方へ消え去ってしまいます。

あくまでイメージに過ぎませんが、脳内にはワーキングメモリー、短期記憶、長期記憶の3種類の箱があります。

それぞれの箱の中に新しい知識が入っていくのですが、大概はまずワーキングメモリーに入ります。当然ながら、外的な要因によっては新しい知識が最初から短期記憶の箱に入ったり、あるいは長期記憶の箱に入ることはあり得ます。

重要なのは、いかに新しい知識を長期記憶として定着させられるか、ということです。

その王道的な解決方法は繰り返しであり、その繰り返しをスキマ時間に行うことがスキマ時間勉強法なのです。

まとめ

日々の忙しさの中にありながら、それでも勉強を通してご自身をブラッシュアップされる方々にお届けできればと思い、この度本記事を執筆致しました。

筆不精ではありますが、本記事でご紹介したスキマ時間勉強法が皆さんのお役に立ちますと幸いです。

最後に、記憶についてまとめた記事をご紹介しますので、是非ご参考になさってください。

記憶のメカニズムから考える暗記の秘訣!エピソード記憶のススメ

【脱・覚えられない!】勉強における正しい記憶のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です